人工透析で守る健康【腎臓の働きを透析で行なう血液クリーニング】

病棟

腎臓の働きと透析

医者

腎臓は体内の老廃物をろ過して体外に排出する、重要な役目を果たしています。腎臓の機能が著しく低下した人は、人工透析を受ける必要があります。東京など大都市では患者も多い分、人工透析を行う病院やクリニックも沢山存在します。

都内で快適に透析を

病棟

東京都内で人工透析を受けるなら、まずは都の医療費制度をよく調べた上で受け取ることができる補助があればそれを利用すると良いでしょう。東京都内には、ハード面からも医療面からもさまざまなサービスを提供するクリニックがあるので、状況に応じて使い分けができるよう日頃から調べておくと便利です。

自分らしく生きましょう

夜間でも対応しているので、いつでも利用が出来ます。人工透析を東京で受けるならこちら。リラックス出来る環境となっています。

脳には細かい神経や血管が張り巡らされているので手術はとても難しいんです。脳腫瘍の治療を受けるなら最適な病院がありますよ。

腎臓病とうまく付合ます

女性

人工透析は慢性の腎臓病などで腎臓の機能が大幅に低下した場合に行われます。腎臓の働きは大変重要なものです。尿を作り、血圧を調整し、赤血球やカルシウムの増加を助けるビタミンD3を活性化させるなど体の循環、排出を一手に担っています。しかしその腎臓の働きが10%以下になると自力でその役割を果たせず、老廃物を体外に排出できなくなってしまいます。そうなった場合に人工的に血液の浄化を行うのが人工透析療法です。東京都では現在3万人近い方が人工透析を受けています。人工透析とは長年の付き合いになるため、自分のライフスタイルに合ったクリニックを選ぶことがとても重要になります。仕事をしながらでも受けられる夜間透析や、透析中の4.5時間を自由に過ごせるクリニックが東京都内でも増えてきています。

自分に合った透析をします

人工透析にはおおきく分けて3種類あります。1つは血液透析です。これはダイアライザーという機械を通して血液を体内から取り出し老廃物や余分な水分を取り除いた後、浄化された血液を体内に戻す方法です。2つ目はオンラインHDFです。これは1の血液透析と血液ろ過を組み合せた治療法で、通常よりも血液をろ過するための補充液を大幅に増量し、より大きな老廃物の除去が可能となります。患者さんへの負担も少なくなります。ただし導入には徹底的な管理が必要なため東京のような都市部以外ではまだまだ普及が進んでいません。3つ目は腹膜透析です。これはお腹の中に透析液を入れ、体内で血液を浄化する方法です。自宅や会社で自分で行うことができます。ただしそのため、ある程度の知識や家族の協力が必要不可欠です。現在ではオンラインHDFが主流となりつつあります。東京では比較的導入している所も多く、腎臓病を抱えながらも自分のライフスタイルを守りつつ生活することが可能となっています。

環境の変化が起こると潰瘍性大腸炎を発症しやすくなります。漢方や薬膳レシピなどで体の調子を整えて病気に負けない体を作りましょう。

免疫力が向上する事で体が強くなる。樹状細胞療法は現在多くの注目を集める最新のがん治療です。詳細を確認するならコチラをご覧ください。

腎臓内科での腎臓病の治療

女性

東京の腎臓内科では、慢性腎炎や腎不全、ネフローゼなどの腎臓病の治療を行っている。腎不全の患者は人工透析を受けることも可能である。東京には人工透析を専門に行っている人工透析センターがあり、夜遅くまで開院している。